メールの翻訳 ビジネスシーンでは

 

メールの文面の翻訳
 

といっても、海外の友達や、留学をしていたときのホストファミリーへの「元気にしてますか?」というものではなく、ビジネスシーンで用いられるメールです。
 

日本の製造業における新興国への工場の海外移転は、もう今となっては珍しいものではなくなりました。
 
 
いわゆる、「空洞化」というやつですね。
 
 
そういった事業環境ですから、海外の工場に英語で指示を出したり、取引先と打ち合わせをしたりすることが、日常的にあるわけです。
 

そこで登場するのが、日本語を英語や現地の言語に変換する、つまり、「翻訳する」という行為です。
 

ウェブの自動翻訳ソフトなんかもありますが、基本的には、(まさに機械的な)直訳しかできませんので、実際にビジネスの現場で使えるかというと・・・
 
 
はい、お察しの通り、到底使えるものではありません(笑)
 
 
もし、伝えたいニュアンスがしっかり英語で書かれていなかったら、のちのち大変な手数をこうむることになりますので、注意が必要ですね。
 

たとえば、製品サンプルの改善報告を督促してみたり、
たとえば、進捗状況を問い合わせてみたり、
 
 
「詳細を把握したいからこそ、細やかに翻訳した英語の文面でメールを送りたい。」
 
 
企業担当者であれば、当然、誰もが感じることだと思います。
 
そしてそれによって、次の展開を模索・構築していくことが可能になります。
 
 
 

カテゴリー: 業務について タグ: , , , , パーマリンク