損益計算書はIncome Statement?それともP/L?

 

財務諸表のひとつである損益計算書。

 

経営者の方や、会社、組織・団体の経理の方でしたら、普段、よく目にしている書類です。

 

損益計算書は英語では、Income Statement と書きます。

普段、英語の財務諸表を見ると、いちばんうえに、Income Statementって記載されていて、とくに違和感なく「ああ、損益計算書だな」って思っていらっしゃると思います。

 

 

直訳すると、Income(収入)の Statement(報告書)ですが、でもこれって何か違和感を覚えますね。

損益計算書っていうのは、費用と収益を明確にして利益(もしくは損失)を算出するものですから、Income(収入)の Statement(報告書)ですと、どうも収益だけの明細のような気がしますね。ですから日本語にいうと、Income&expense(収入と支出の) Statement(報告書)のほうが適切な気がします。

 

 

いっぽう、損益計算書には、別の書き方もあります。そのひとつがProfit and Loss Statementです。

 

これのほうが馴染みがありますね。いわゆるP/Lの略です。Profit and Loss(利益と損失)の Statement(報告書)ですから、こちらはしっくりきます。

 

 

ほかにも、Statement of Incomeという書き方もあります。(アメリカやイギリスで使い方が異なります)

 

 

カテゴリー: 一口メモ, 経理の英語 タグ: , , , , パーマリンク