翻訳実績 所感2017年10月

 

恒例の、翻訳実績の中から特に興味深かったものをピックアップ。今回は2017年10月ぶんです。

 

 

美容商品の輸入に関するクライアントとの交渉文(和訳・英訳)

現状、とてもナイーブなところですので、翻訳もいつも以上に慎重に行っています。

 

海外企業とのビジネスに関する契約書(和訳)

依頼者様は日本企業で、海外の企業と販売契約を結ぶとのこと。依頼者様はサプライヤーになります。

で、この海外企業というのがイギリスでですね、イギリスがらみのビジネス経験がある方でしたら、ピンとくると思うのですが、この契約書というのが笑えないくらいがんじがらめなんです。(オーバーではなく)「うちはあんたのところから製品を買うんだから、全部うちの言うことをききなよ」ぐらいの勢いです。

だからといって、イギリスは冷たい、とかではなく、要は契約に重きを置いているんですね。感情ではなく、元々どんな約束をするかどうか、そして決まった約束はしっかり守る、ということになります。

念のため、依頼者様には熟考をお勧めいたしました。

 

ここの記事が、とてもリアルに書かれていて興味深いです↓

 

アメリカは契約社会と言いますが、全くもって契約社会です。アメリカ含めて欧米の仕事の仕方は、なかなかに契約社会です

https://www.advertimes.com/20140502/article155707/2/

 

 

運転免許証(フランス語からの和訳)

珍しいご依頼です。運転免許証で、しかもフランス語のもの。日本のそれと大きく変わりません。

 

海外の学校の卒業証明書および出生証明書(和訳)

戸籍抄本(英訳)

これらは個人様からのご依頼です。

なお、戸籍抄本関係は、下記の記事をご参考いただけます。

 

戸籍謄本 英語に翻訳から公証まで カナダ編

 

日本の歴史に関する文献(英訳)

刀の受け渡しについての文献です。内容自体は平易なのですが、いわゆる「昔の言葉、昔の名前」が散見していますので、それらを英語でどのように表現するかが、調べどころがあるところでした。

 

学習塾のパンフレット(英訳)

すべて英語にするものではなく、デザインとして用いられるような英語表現があり、それが英語として正しいかどうかの添削を行いました。

パンフレットの翻訳をしていて、いつも感じますのは、日本語のパンフレットは細かい(笑)。これをそのまま英語に反映すると、I・Oになってしまうのではないかと思います。I・Oはインフォメーション・オーバーロード(情報が多すぎて肝心の情報が埋もれてしまい、あとあと困ること)の略です。

 

海外留学のための推薦状(英訳)

その後、依頼者様から書類審査通過のご連絡をいただきました。よかった!

英語への翻訳段階でどうのように表現すれば良いか、というのはとても大事です。ですがそれは次点で、やはり、推薦者(ほとんどの場合、上司か学生時代の指導教授)がどう推薦してくれているか、それが最も大切です。依頼者様の推薦者が、良心を持った方であることを望みます。

 

海外の取引先への請求書(英訳)

いわゆる、「請求書」を「INVOICE」にするというもの。

日本固有の製品がカナダのお店で求められている。とても素晴らしいことですね。(しかも私と同郷の製品です)

 

カテゴリー: 契約書の英語, 戸籍謄本・履歴事項全部証明書・全部事項全部証明書, 業務について, 英文推薦状 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク