cream of the crop を日本語で言うと

 

cream of the crop

最良の人、もの

 

です。

 

どうも日本語ではカタカナで「クリーム」というイメージが強い。アイスクリームだとか、ハンドクリームだとか、乳白色の滑らかなあの「クリーム」です。

で、そのクリームに引っ張られて、なんでcrop(収穫物)のクリームと書いて、最良の人とかものを意味するんだと思ってしまいます。

 

でも、このcreamという単語には、「最上のもの」という意味が元々あります。

辞書に普通に載っています。

 

コトバンクより

https://kotobank.jp/ejword/cream

 

じゃあなんでthe cropが必要なのかはわかりませんが、収穫物の最良のものということで、それはめちゃくちゃいいものなのだろうと、こんなふうに理解すると覚えやすいです。

 

ちなみに、クリームソーダは決して最良のソーダではなく、クリームが入った普通のソーダです^^

 

 

You are the cream of the crop!

 

 

カテゴリー: この英語を日本語で言うと。。。 パーマリンク