spreadsheetを和訳すると

 
ご好評いただいています、日本語にするとシリーズ。
 
 
今回は、

spreadsheetを和訳すると

です。

 
エクセル

に代表される表計算ソフトやそのシートのことです。

Spreadは広がる。拡散するという意味で、Sheetは文字通りのシート。

 
不思議なもので、「この請求書をエクセルで一覧にする」というと、ちょっとモチャっとした感じですが、「この請求書をspreadsheetで一覧にする」というと、カッコよく聞こえますね。

 
そういえば、エクセルって最近その使い勝手の良さを見直されているんです。

というのも、業務効率化が叫ばれて久しいビジネス周りですが、RPAやAIが台頭している中で、

「それ、エクセルでよくない?」

という、エクセルが本来持っている能力が再評価されつつあります。

と言いますか、エクセルが本来持っている関数やマクロなど、超便利な能力をビジネスシーンで使いこなせる人が少なかったんだと思います。そこに、エクセルなんかよりもさらに難しくてよく分からない、かつ、とても高額なRPAの話なんかが出てきたものですから、

「それ、エクセルで十分じゃない?」

という空気が醸成されてきているようです。

 
かく言う当社でも、エクセルの関数やマクロを使ったファイル・シートの作成サービスを行っています。

エクセル転記 効率化(自動化)サービス
https://www.tokyo-typing.com/provectus/transcribe/

エクセル マクロ 作成の外注 依頼
https://www.tokyo-typing.com/provectus/vba/

 
正直、RPAを導入すると、月に5万・8万の費用が掛かるのに対し、エクセルってもうすでにPCに入っていますしね。

無策で流行のクルマに乗る前に、使い勝手の良い軽トラに乗ったほうが、荷物を運びやすいのではないかと思います。

 

カテゴリー: この英語を日本語で言うと。。。   タグ:   この投稿のパーマリンク